読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューインガムをかみながら

割りとどうでもいいことを発信。本体はtwitterだ!

360コントローラーでPCのFPSをプレイできるようにした

ゲーム

ここ数年FPSXBOXでしかプレイしていなかったので、逆にマウス&キーボードが驚くほど下手になりました青空です。>_<

元々私が左利きで、PCでのFPSはゲームごとにいちいちキーを再配置しないといけなかったので、どうせ再配置するなら360のコントローラーでプレイできるようにしてしまおうということになりました。

その作業内容をなんとなくここにメモしておこうと思います。


ちなみに今回用意したコントローラーは純正のXBOX360コントローラー(有線)。
OSは「Windows Vista HomePremium 64bit版」です。

360ドライバをダウンロード・インストール

XBOX360のコントローラーはUSBなので普通にPCに挿せばそのまま利用できます。ですがこの標準ドライバはかなり融通がきかないので、有志によるありがたい多機能なドライバを利用します。

Not digitally signed


UACを無効にしろとかいろいろ障害があるけど、Readmeとぐーぐる先生の言う事をよく聞いてドライバーをインストールします。

自分がどうしてもうまいこといかなかったのは「ドライバ署名の強制を無効にする」の部分。どうも毎起動ごとにF8押して「ドライバ署名の強制を無効にする」を選ばないといけないんだとか。

そんなのやってられない!
というわけで「ReadyDriver Plus」を導入。

ReadyDriver Plus V1.1


これはPCの起動時にBootメニューを自動で表示し「F8 - ドライバ署名の強制を無効にする」を自動で行ってくれるスグレモノ。インストールは特にオプション変更することなくそのままでOKです。

これについては以下のサイトを参考にしました。

「Windows Vista x64 - ドライバ署名の強制を無効にする」


これでコントローラのセッティングは完了。

キーコンフィグ

今回用意したゲームは「F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN」。

JoyToKey」というソフトを利用してキーを割り当てます。

JoyToKey


適当にプロファイルを作成し、[Preferences]の「使用するボタンの種類を追加する」の枠で「X軸とY軸以外も使用する」と「POV(ハットスイッチ)も使用する」にチェックを入れます。

[コントロールパネル] - [ゲームコントローラ] - [360コントローラのプロパティ]を開きながら、どこのキーがどこに割り当てられるのか確認しながら、「JoyToKey」のセッティングを行いましょう。

ちなみにPC版「F.E.A.R.2」のボタン配置は以下のようになります。
(360版F.E.A.R.2を参考にしました)

[ボタン]
A - SPACE
B - 右クリック
X - R + E
Y - Ctrl
RB - G
LB - 中クリック
RT - 左クリック
LT - Shift
BACK - Tab
START - ESC

R - C
L - Alt

[十字キー]
UP - F + V
DOWN - Z
LEFT - X
RIGHT - N※

[スティック]
R- マウス(上下は左右の3/2の感度にする)
L - [AWSD]を上下左右に登録

※メディキット使用にキー「N」を追加する

スティックの視点感度は上下を若干低くしてあげると360版に近くなるようです。

設定完了、テストプレイ雑感

上記の設定で360版F.E.A.R.2のDLCデモとほぼ同じプレイ感覚になりました。若干左スティックの移動に違和感を感じましたが、特に支障はありません。

これでPCのFPSも楽しくなるぞー>ω<♪