読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューインガムをかみながら

割りとどうでもいいことを発信。本体はtwitterだ!

嫌われているのかもしれない

そんな風に思うことは少なくない。
私はよかれと思って行動しても、相手は嫌がっているんじゃないのか。もう取り返しのつかないことをしてしまったのではないか。

もう私の言葉が何一つ届かないくらいに、私はそいつの中で切り捨てられてしまったのではないだろうか、と。

だからかもしれない。私は「こいつとは付き合うのはやめよう」と友達を選んだことがない。来るもの拒まずの姿勢をできる限り貫いている。だって悲しすぎるから。

それが正しいのかはわからない。むしろそれが悪いのではないかと思うこともある。

でも、ただ、私は不必要な人間なんていないと願って行動しているだけなのだ。

最近、言葉が友人等に届かなくなってきた気がする。

うん。オチはない。