読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューインガムをかみながら

割りとどうでもいいことを発信。本体はtwitterだ!

らきすたを見ていると時々グッとくる

先日大学のサークルで飲んだときのこと。tetu氏にらきすたこなたの設定が重くて切ないという話をしたら、「そんな見方をするのはおまえだけだ」と言われてしまった。

あとかがみの抱えている孤独感がとても青春的だねとか、かがみ・つかさ家族とこなたの家族の対比が何かを示唆しているように見えるんだけどどうよとか、そういう話もしたのだけどそれもあまり理解してもらえなかった。

あれ?らきすたの日常に、切なさにも似た微妙な空気を感じているのは少数派かい?

そういえば、らきすた先日のが最終回だったらしいですねー。まだ見てませんが!