読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューインガムをかみながら

割りとどうでもいいことを発信。本体はtwitterだ!

しゅーてぃんぐげーむ。

それにしてもCAVEシューは敷居が高い。
あの孤独で地味で、他人に理解されないという壁を乗り越え、いざプレイしてみようという気になったとしても、そこでまた大きな壁がある。

  • 予備知識が必要(エスプⅡなら1UPの出し方とかキャラ特性とか)
  • 一定水準の避けスキルが必要(道中の切りかえし等)
  • 体調を整える(寝不足・疲れ等があると普通に凡ミス連発)

私の場合、予備知識はネットと秋葉原のゲーセンということで人のプレイを参考にすることができる。

スキルは何年もシューティングをプレイし続けることで、やっと弾幕と戯れて楽しめるだけの腕をもつことができた。(去年まで弾幕シューは大嫌いでした)

体調管理は自分の生活そのものを見つめなおさないといけない。

睡眠時間はしっかり取り、規則正しい生活と食事をきちんと取る。そして、(今現在は)仕事の昼休みと帰りに1プレイずつ。それ以上はやらない。

そしてプレイ後は「何がいけなかったのか、どうすれば先へ進めるか」を必死に考える。


(・・・キモイなオレw)


ここまでやって、初めて楽しめる域に達するのだから、そりゃあ、シューティングなんて過疎るよなーと今日改めてひしひしと感じたわけです。